アメカジ万歳!これこそ永遠不滅のスタイルだ  

アメカジコーディネイト(大人の装い編)


ジーパンにスゥエット、ネスシャツ、ライダースにフライトジャケットなど、いわゆるベタなアメカジ路線とは異なる新しいライン・・・ここでは落ち着いた着こなしが出来る大人らしい装いをテーマにしたコーディネイト例を掲載していきます。そろそろ落ち着いた服装に目を向けても良い時期です。

■ジャケットを着る!



左)SACK JACKET(オルゲイユ)


1910年〜20年代に多く見られた4つ釦ジャケットです。襟元はテーラーラペルを持つカチッとしたデザインですが、ライニングを持たないシンプルな作りなので気軽に羽織ることが出来ます。こしの在るやや厚手のコットン素材は春と秋のアウターにちょうど良いでしょう。釦カラーを替えてアクセントを付けたオルゲイユ流の遊び感覚もハイセンスです。


中)ORIGINAL GUN COAT(コリンボ・TRIBOROUGH TRAP-TOOLS))


ハンティングジャケットのディテイルを持つコリンボコレクションの準定番ジャケットです。素材を替えて毎年リリースされる為、ブランドの顔的存在で多くのファンを持つ看板ジャケットと云えるでしょう。今シーズンはビーチクロスに似たミックス調の杢糸がアクセントになったウール混素材が使用されています。


右)HOMESPUM TWEED JACKET(オルゲイユ)


オルゲイユがリリースするテーラーづスタイルのジャケットの中で最も硬派なモデルがこれ。他ブランドと重ならないオリジナルツイード生地にバッファローホーン釦がバランス良く映えます。色名はブラックですが杢糸が織り交ぜられたミックス調の仕上がりが渋い大人の装いを完成させてくれます。ご予約が多く、在庫が限られますのでお問い合わせください。




いかがでしょうか。


1900年初頭から30年代をイメージされたデザインは、紳士服店では見られないジャケットだと思います。古いアメリカのライフスタイルから登場したこれらのデザインは、大人の装いが出来る新しいスタイルと呼べるでしょう。


■コートを羽織る!



左)MACHINAW JACKET(オルゲイユ)


厚手のメルトンウールを使用し身体のラインい吸い付くようにデザインされたコートデザインのジャケットです。前合わせを深くしVゾーンを狭く見せるショールカラー仕立てとウェストベルト、ハンドウォーマーポケットに見せるブラックの牛革付属など、要所の作り込みがポイントです。腕回りも太くなくシルエットはあくまでもジャケットスタイルですのでシャツやベストの上にさっと羽織ってしまいましょう!


中)FORESTER COAT(コリンボ・TRIBOROUGH TRAP-TOOLS)


ほぼ2年に1度、リリースされるコリンボコレクションの準定番。トーンを抑えた深い紅色にブラックを配したオンブレイに似たチェック柄もオールドモデルを思わせる渋い表情を見せます。シェルは厚手のメルトンウール。その質感に負けない厚手のコットンライニングで全体的にずっしりとした重厚さを醸し出しています。身体を包み込むようにジャストサイズで着れば重厚さを忘れる安心感のある着心地が味わえます。


右)ROUND COLLAR COAT(オルゲイユ)


ケンピウールを使用した一重のコートはまさに羽織る!を前提としたデザイン。CPOやシャツジャケットに近い軽い着心地で冬の登場機会が増えるのは間違い在りません。ベストオンシャツの上に軽く羽織るだけでも十分に温かいのもウール物の良さでしょう。様々な着こなしが楽しめる奥深いアウターです。




どれも従来のアメカジスタイルとは違うものですが、古き良きアメリカをアナログで感じることが出来るアウターです。ウール素材が持つアナログな保温力、革物とは違う重厚さ、そして渋めな大人感・・・。それらが体感できるこれらの着こなしが我々の提案です。



Copyright(c)(p) 2014 SPIRITS&Co.All right reserved.