アメカジ万歳!これこそ永遠不滅のスタイルだ  

37J1 AVIATOR'S LEATHER JACKET


■TMJ1427-050 37J1 アヴィエイターズレザージャケット
 
■カラー:シールブラウン
■価格:¥180,000+税
■サイズ:36,38,40,42in
■商品説明:陸軍航空隊のA-1に酷似したデザインを持つ37J1時を同じくした米海軍(U.S.N.)のジャケット。アメカジブランドが提案するスタイル提案においてA-2だけでなく、A-1にも着目される昨今、この海軍ジャケットがリリースされるのも不思議なことではないでしょう。

シールブラウンホースハイドを使用しブラウンコットンブロードのライニングを持つ、ライトなジャケットです。

フロントの開閉はジッパーではなく、ボタンフロント。ニットリブの襟も含めた意匠が30年代の温和な空気感を伝えてくれます。

フライトジャケットがまだ軍服ではなく、装備品だった良き時代の産物を物語る襟の織りネーム。1ボタン止めの襟もウールの恩恵で十分に温かい。力ボタンを有するライニング側の作りも丁寧。ボタンフライはジッパーより不便ですがボタンをしめる一手間がまた渋くカッコいいものです。裾がスナップボタンである理由は定かでは在りませんが、これも良く考えられた作り込みです。右身頃のポケット(画像とは逆側)にはペン挿しが在るがこれも海軍ジャケットの象徴でA-1には見られないもの。

A-1もそうですが、この手のジャケット・・・襟はどう着るのがカッコイイのでしょうか?私個人としてはやはり左画像のように曲げて着るのをお薦めします。

もっとも、寒い日本の冬に屋外で着るのであれば右画像のように、襟を立てて着るのも試みたいものです。要するにその都度、TPOに合わせて使い分けることが自然な付き合い方かと思います。フライトジャケットをカッコ良く着る為には、自然に向き合うことが大切なのです。着負けしないことが秘訣です。
ここでは38inを着用しています。革の厚さは例年のA-2とほぼ同じで他社のA-2より軽く着易いですね。タフネスW-910ウェストオーバーオールパンツで合わせていますが、時代背景的にもバッチリ合います!ジャケットがタイトな場合、ボトムスをワークパンツ系のやや太いもので合わせると、ジャケットのタイトさが強調されてカッコ良く着ることが出来ます!

■計測データ
※近日アップします。
※測り手による個体差が生じることをご了承ください。


■TMJ1427-050 37J1 アヴィエイターズレザージャケット
■カラー:シールブラウン
■価格:¥180,000+税
■サイズ:36,38,40,42in
■在庫の無いサイズを選択すると『かごの中に商品はございません』と表記されます
■下記の在庫表をクリックすると現在の在庫状況が確認できます。

在庫表
サイズ
数量    




Copyright(c)(p) 2014 SPIRITS&Co.All right reserved.