アメカジ万歳!これこそ永遠不滅のスタイルだ  

W-409b Early Style Band Collar Shirt

■タフネスW-409bアーリースタイルバンドカラーシャツ

■カラー:ホワイト(ドット)、チェリーブロッサム(ストライプ)、ピンストライプ
■価格:¥14,000+税
■サイズ:14,15,16,17
■素材:100/-コットンドビー生地、縫製:日本製

■商品説明:1920年代のワーカー達を描写した写真の多くにこのバンドカラーシャツを見ることが出来ます。バンドカラーは通称スタンドカラ―とも呼ばれていますが、実はその歴史は古く、1910年代に遡ります。当時のシャツは取り外し式の襟が多く、そのベースモデルがこのバンドカラーだったのです。ですからバンドカラーは襟を付けないままで着用するケースが多いワーカー達のユニフォームでした。それ故、バンドカラーはカジュアル向けとよされ、ドレスとは区別されて使用されました。

カラーは3色ですべてコットン製のドビー生地を使用しています。襟は襟先がわずかに開いたセミワイドスプレッドタイプでネクタイの着用も可能です。ネック周りもワークシャツより広めに設定しています。


左)ホワイト地にドットの織り柄を配したホワイトリリー。中)淡い桜色に白ストライプの織り柄が入るチェリーブロッサム。右)ホワイトベースに黒糸ストライプが織り込まれ、さらに白色のドビーストライプが配されたピンストライプ。


100番の単糸で織られた高密度な生地はワークウェアで馴染みの深いシャンブレイ生地よりも温かい。袖口カフスはいわゆるYシャツより短いクラシックデザインが採用されています。ボタンは真珠貝の母貝から削り出した天然モノで10mmとドレスシャツに似合う上品なサイズをチョイスしています。


着用例です。クラシックな装いを目指すならワークベストやサスペンダーを使ったコーディネイトが合います。キャスケットも良き小道具です。私の体形では15(M)サイズを着ています。通常のワークシャツよりハーフサイズ以上、ゆったり作ってあります。そのポイントは下の画像で説明しましょう!




背ヨークに配されたギャザーは見た目にもインパクト大!このギャザーを生むのが広めに設定された肩幅と後ろ身頃(バックパネル)です。この大きさが着用時のゆとりとなり着易さを生みます。袖カフスにも細かなギャザーが配されています。

■採寸データです。他のシャツと比較した場合、幅も丈も十分に在ることが分かります。アーリースタイルのドレスシャツはゆとりが大切です。

※測り手による個体差はご了承ください。
※商品は未洗いですが洗濯による縮みは縦横で3%程度です。普段、選ばれているサイズと同じチョイスで問題在りません。

■タフネスW-409アーリースタイルドレスシャツ
■カラー:ホワイト(ドット)、チェリーブロッサム(ストライプ)、ピンストライプ
■価格:¥14,000+税
■サイズ:14,15,16,17
■素材:100/-コットンドビー生地、縫製:日本製
■在庫の無いサイズを選択すると『かごの中に商品はございません』と表記されます



カラー サイズ
数量    


Copyright(c)(p) 2014 SPIRITS&Co.All right reserved.