アメカジ万歳!これこそ永遠不滅のスタイルだ  

W-221 Twill Railroaders Jacket


■タフネス・W-221 ツイル レイルローダーズジャケット
■カラー:ブラウン
■サイズ:36in,38in,40in,42in
■価格:¥27,000+税

■商品説明
1930年代後期、ニューヨークを拠点に東西に広く張り巡らされた鉄道網。とある鉄道会社向けに供給されたワークユニフォームジャケット、それがこのW-221です(仮説)W-910 ウェストオーバーオールパンツと同じ織り柄生地(別注)を使用し、W-910ウェストオーバーオールパンツとのセットアップが出来る生粋のレイルローダーズ!


Type1の愛称で親しまれる代表的なデザイン。シンプルでバランスの良い片ポケットとプリーツのディテイルは1920年〜40年代を代表するワークジャケットとして、多くのブランドが取り入れていました。鉄道従事者向けにワークウェアを納入していたSPIRITS&Co.社のタフネスブランドもその優れたデザインをいち早く取り入れワークユニフォームのデザインを確立していました。



前後の肩ヨークは地の目が横に裁断される為、ストライプが横向きになります。デニムジャケットでは気が付き難いディテイルです。ストライプジャケットではここが良きデザインとなります。

着用してみましょう!


38inの着用例です。W-910とのセットアップは正にレイルローダーズ!鉄臭さと油染みがさまになる香生粋のワークスタイルでしょう。中央の画像はデニムパンツ(W-915A)との組み合わせです。W-221はジーンズとの相性も良いので脱レイルローダーズ的着方も可能ですね。


Type1ジャケットの特徴は左側だけに付けられたポケット。1900年代初頭ではフラップを持たない仕様やフロントボタンも1つ少ない4つボタンが存在していました。

シルエットについて

当時のモデルを検証し肩幅、身幅、着丈、袖幅を見直しています。タイトフィットでは無く、『バランス良く着れるように・・・』を目指した新しいパターン(図面)です。ヴィンテージより数センチ着丈が長くなることで、ポケット位置とプリーツ押さえスクエアステッチの打ち位置にも気を配っています。

縫製について

ヴィンテージと往年のレプリカモデルを比較検証し、出来る限り再現しています。袖カフスやウェスト帯の1本環縫い縫製、本縫いの外し縫製やポケット口のカンドメ始末もこの手のジャケットを制作する上では外せない大切な要素です。


その他、刻印入りカッパ―リベットや菊花デザインの鉄ボタンはSPIRITS&Co.のオリジナルデザイン。ポケットフラップ裏側の別布処理もヴィンテージに習った手法です。拘りの証です。背面下部に設けられたストラップに付く尾錠は針タイプではなく、山型の環タイプを採用し安全性にも配慮しています。


デニムを含め無地ならば気付くことも少ない生地の裁断向き。襟、肩ヨーク、ウェスト帯、カフスは生地の目を横向きに出る様に縫製するため、ストライプが横向き(いわゆるボーダー)になります。その結果、ジャケットに立体感が生まれ無地にはない表情が出せます。

サイズデータ


※計測データは家庭洗濯水洗い後の数値です。測り手による個体差が生じる場合が在ります。
※身幅(腹部)は下から2つ目のボタン位置で計測した数値です。

春と秋に使えてワークウェアテイストを満喫できるタイプTスタイルのジャケットです。じっくり育て上げれば、やがて少しずつ退色していく経年変化がお楽しみ頂けます。別注生地でこの価格は十分なバリュープライスではないでしょうか。春も後半・・・今回は極少数の生産です。是非ご検討下さいませ。

■タフネス・W-221 ツイル レイルローダーズジャケット
■カラー:ブラウン
■サイズ:36in,38in,40in,42in
■価格:¥27,000+税
■日本製別注生地&国内縫製
■コットン100%綾織組織、縦横先染め織り柄生地

こちらから購入できます

在庫表
サイズ
数量    


Copyright(c)(p) 2014 SPIRITS&Co.All right reserved.